投資詐欺

詐欺被害対策.com

HOME > 取り込み詐欺

取り込み詐欺

取り込み詐欺

取り込み詐欺とは

取り込み詐欺は、商取引における慣習である「掛け払い」のシステムを利用した詐欺。
「掛け払い」とは発注した分を後でまとめて支払う方法で飲み屋のツケに似ています。言って見れば飲み屋のツケの不払いのようなものですが、異なる点は商品が残っていることで、その商品の転売が取り込み詐欺の最終目的になります。昔からあるスタンダードな詐欺の一つでもあります。

取り込み詐欺の手口

詐欺を行う方も会社の形態を取っていることが多く、設立の古い休眠会社の登記を買い取って業務歴の長い会社を装うこともあります。最初は少量の取引をして、ちゃんと支払いをして信用を得た後に大量発注をするのが常套手段と言えます。

大量に発注した後は代金の支払いから逃げたり、自分の会社を計画倒産させたりします。取り込み詐欺のターゲットとなる商品には「食品」や「電化製品」など比較的売りやすい(換金しやすい)ものがありますが、他にも「車」など様々なものがターゲットとされているようです。