投資詐欺 未公開株詐欺

詐欺被害対策.com

HOME > 投資詐欺・未公開株詐欺

投資詐欺・未公開株詐欺

投資詐欺・未公開株詐欺

投資詐欺とは

「投資詐欺」は「儲かる」「何倍にもなって戻ってくる」などと甘い言葉で誘い、架空の事業に投資させて、預かった金を返さない詐欺。 多くの人からお金を集められるだけ集めて、詐欺罪になりにくいように偽配当や偽の投資実態を作ることもある。
出資金詐欺ともいわれ、架空の事業計画を用意して、会社を興すための資金、もしくは共同事業を行うための資金を出資者から騙し取る場合もある。
いつまでも事業が進まないため、投資・出資した人が返金を望んでも様々な言い訳で返金を引き延ばし、結局お金が返ってくることはほぼあり得ない。もしくは自転車操業+詐欺師の浪費で最終的に破綻するのが通常パターン。ちなみに詐欺師・詐欺グループが逮捕されるケースでは詐欺罪より出資法違反(預かり金の禁止)が多い。

未公開株詐欺

投資詐欺によく使用されるのが「未公開株(上場されていない株)」です。実体のない企業の未公開株を「上場すれば何倍にもなって戻ってくる」などと騙して売り付ける詐欺。もしくは実在の企業の未公開株を「極秘情報だがもうすぐ上場されるので買いませんか」などと騙して代金だけを騙し取ることもある。

投資詐欺・未公開株詐欺の手口

投資詐欺に必要なのは被害者に投資をさせるための「舞台設定」です。そのために架空の事業を用意し、事業計画のパンフレットを作成してそれらしく見せたり、最初だけ偽の配当を出してさらに投資させたりするのが常套手段です。芸能人や著名人を広告塔にしたり、偽の投資事業が海外の場合、海外視察ツアーなどを行ったりすることもあります。
大抵の場合「必ず儲かる」という誘い文句があるはずです。本当にその事業に真実味があるのかどうか見抜かなければなりませんが、その前にお金を出したらそれが確実に何倍にもなって返ってくるような話を赤の他人から教えてもらえることはないとお考え下さい。