送り付け商法(ネガティブ・オプション)

詐欺被害対策.com

HOME > 送り付け商法

送り付け商法(ネガティブ・オプション)

送り付け商法

送り付け商法(ネガティブ・オプション)とは

注文していないにも関わらず、一方的に商品を送り付け、売買契約の成立を主張して代金を請求する詐欺、悪質商法。
主に高齢者がターゲットにされ、以前からある手口ながら近年、被害が増加している。

送り付け商法の手口

高齢者がターゲットにされることから、「注文した覚えがない」と言っても、「あなたが忘れているだけ」などと言い強引に引き取らせる、または「ふざけるな!」などと恫喝して恐怖心を抱かせて購入させるなどの手段が使われたりしています。つまり、暴力団が行う詐欺ということです。

そもそも売買は「契約」ですから購入の意思のない商品の代金を払う必要は全くないのですが、一方的に商品を送りつけられてしまった場合は少々面倒で、善良保管(損傷したりしないように)する必要があり、また、特定商取引法に送り付け商法に関する以下の内容の条文があります。

特定商取引法第五十九条1項(売買契約に基づかないで送付された商品)
販売業者は、売買契約の申し込みをした者、又は売買契約を締結した者以外に商品を送付した場合、商品を送付した日から14日間経過後、もしくは商品の引き取りを請求された日から7日間経過後までに、商品の送付を受けた者が売買契約の承諾をせず、販売業者がその商品の引き取りをしない場合は、送付した商品の返還を請求することができない。

つまり、一方的に商品が送られたとしても14日経過してしまえばお金を払う必要も返品する必要もありませんが、それまでに送られた商品を使用してしまうと売買契約の意思があったと見なされてしまうので注意が必要です。
また、商品代引きなどで受け取ってお金を払わないように気をつけなければなりません。

関連項目

特定商取引法