悪徳探偵詐欺

詐欺被害対策.com

HOME > 探偵詐欺

探偵詐欺

探偵詐欺

探偵詐欺とは

探偵事務所を装い、依頼を受けても実際には調査を行わず、依頼料だけもらって連絡を断つ詐欺など。特に料金全額先払いの探偵は要注意。
ちなみに探偵業法ができるまでは暴力団が探偵事務所を経営していることもあった。(現在は法律上、暴力団員は探偵事務所を経営できない。)

探偵詐欺の手口

(自称)探偵による詐欺が行われやすいケースには以下のものがあります。

①盗聴発見調査
「盗聴電波があなたの家から出ているので調査させてほしい」などと言い、自ら持参した盗聴器をさも発見したかのように見せかけて料金を詐取するなど。

②インターネットの誹謗中傷対策
2ちゃんねるなどで誹謗中傷された場合に、書き込んだ人の住所特定及び削除対策をすると謳い、いつまでも結果は出ずに中傷書き込みの削除も行われない(実際はできないため)まま最後は連絡を断たれます。

③別れさせ工作
(※別れさせ工作とは、交際相手がいる対象者に工作員が接近し、恋愛関係に持ち込むなどして交際相手と別れさせる工作)
大抵の場合、工作が成功するかどうかにかかわらず料金がかかります。依頼者は実際に工作が行われたかどうかを確認する方法が基本的にないため、工作が行われずに料金だけ取られる詐欺に遭いやすいと考えられます。

④やらずぼったくり
素行調査などの依頼を受けると調査料金を前払いで払わせ、実際には全く何の調査もせずに料金だけ詐取、そのまま連絡を断ってしまう詐欺。

⑤詐欺調査
いかにも詐欺被害金を取り戻せるかのように説明し、実際は返金対策とは関係の無い調査に時間と人員を使い、高額な依頼料を取る詐欺。
債権回収の依頼を受け、料金だけ前払いで受け取って全く何もせず(④やらずぼったくり)、詐欺で逮捕されたというケースがあります。
※関連記事:「やらずぼったくり探偵」が詐欺で逮捕

⑥被害金回収
詐欺被害者のもとに探偵業者を名乗って「被害金を回収する」との名目で突然連絡を入れ、回収料金を振り込ませて詐取する詐欺(振り込め詐欺の一種でいわゆる詐欺の二次被害)も多く行われています。
ちなみに探偵が報酬を受け取って交渉や被害金回収を行うと弁護士法違反の罪となるので、法律上正当な業務では行うことはできません。 また、まともな探偵業者が突然連絡を入れて調査を持ちかけることはまずありませんのでこのケースは100%詐欺です。

関連項目

専門家に相談する場合