詐欺の手口・道具(システム)

詐欺のシステム図解

※画像クリックで拡大します。

詐欺のシステム

上記の図は、詐欺グループに使用される典型的(古典的)な詐欺システムです。

詐欺に使われる他人名義の口座・携帯電話・登記などの代表的な道具・システム、架空の住所や私設私書箱を使う手口、常套手段等について記載しています。

振り込め系詐欺(近年では「オレオレ詐欺」や「特殊詐欺」という言い方をされています)を始めとしてこのような詐欺システムが使われています。

但し近年は口座振り込みよりレターパックでの現金郵送や電子マネーの使用、直接受け取りに行く手口などがかなり増えてきているようです。

いずれにせよ詐欺師・詐欺グループは多くの場合、全てではなくともこれらのシステムを部分的に利用していると考えられます。

なぜこのようなシステムを使用するかと言えば、簡単に自分たちの身元が割れないようにするため、アシがつかないようにするため、あるいは偽装をするためなどです。

詐欺に使われる道具・手口

  • 飛ばし携帯
  • WEBサイト
  • SNS
  • アプリ
  • 迷惑メール
  • レンタルオフィス
  • 私設私書箱
  • 郵便物転送
  • 名義貸し(多重債務者など)
  • マニュアル
  • 偽名
  • 各種偽造書類・偽造免許
  • 他人名義車両
  • 他人名義口座(架空口座)
  • 電子マネー
  • レターパック
  • カモリスト
  • サクラ(アルバイト) 等

例えば振り込め詐欺では、飛ばし携帯から被害者に連絡をとり、他人名義の口座(もしくは架空口座)に振り込ませる、私設私書箱に現金を郵送させたりします。

パチンコ詐欺・競馬情報詐欺・交際クラブ詐欺等の場合はもう少し複雑な手口が使われます。

迷惑メールやWEBサイト、サクラを用意し、虚偽の会社住所・私設私書箱・ペーパー会社の登記・他人名義の口座・郵便物転送など上記の図のシステムを網羅しています。

これらを実行する詐欺グループはマニュアルを使用し組織化されています。

個人詐欺師、詐欺師グループも、休眠会社登記・ペーパー会社・他人名義口座・飛ばし携帯などを使用するのが常套手段となっていますが、偽造免許や金融車(他人名義車両)を使用する詐欺師たちもいます。

大量のメールアドレスを収集したリストは、さまざまな詐欺に誘導する迷惑メールの送り先に利用されます(※現在はツールによる自動送信が行われているようです)。

また、一度詐欺被害にあった人のリストであるカモリストというものがあり、特にカモリストに載っている人は詐欺の二次被害(騙されたお金を取り返します等の詐欺)のターゲットにされているようです。

しかし、これらの身分を偽装・隠匿するための道具は、逆に詐欺の証拠となったり、詐欺の加害者たちの情報を収集する手がかりともなります。

特に使用する上で契約が必要なものについては、[調査嘱託]の手続きを利用することで契約者(加害者)の情報を割り出すことも可能なのです。

HOME > 詐欺について > 詐欺の手口・道具(システム)

関連項目